NSScrollViewRubberbandStiffness

f:id:provdr:20150814125605j:plain

OSX ではdefaults writeでしか変更出来ないいわゆる隠し設定のような物が様々あります。私もよくこれを使って好みの設定にカスタマイズするのですが、あまり知られていない物を発見しました。

NSScrollViewRubberbandStiffnessという物なのですが、これはその名の通り慣性スクロールの跳ね返り具合(硬さ)を調節できるものです。
NSScrollViewRubberbandingはOnyXなんかでも変更できると思うのですが、NSScrollViewRubberbandStiffnessは驚くべきことにほぼ全く知られていないようで、検索をかけてもまともなページは数件程度しか出てきません。

NSScrollViewRubberbandStiffnessは慣性スクロール出来る全ての部分に適用されるようなので、NSScrollViewRubberbandingでは対応しきれないアプリでも使えます。なんとSafariでも適用されます。 個人的にはSafariが使いにくい理由の一つがスクロールした時の跳ね返りがオフにできない事だったので、非常に便利です。

defaults write -g NSScrollViewRubberbandStiffness -int 10000
defaults write -g NSScrollViewRubberbanding -bool false
defaults write com.apple.iTunes disable-elastic-scroll -bool true

これで全ての跳ね返りを切ることができますね。

広告を非表示にする